初心者ブロガーは特化ブログと雑記ブログの併用が好ましいワケ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
どうも、かげです。 28歳会社員が書く、プロダクト紹介を中心としたモノブログです。 プロダクト紹介以外にも、展示会レビューなども併せてご紹介。 ごくごく平凡なサラリーマンだからこそ身近に感じてもらえる記事を目指します。
詳しいプロフィールはこちら

どうもかげです!この度、雑記記事もポストしていくことにしました!
理由は単純!特化ブログの記事数増やすの大変…!!
この記事を除けば、たかが記事数10!ややギブアップ気味の僕。ガチでギブアップはどーーーしても防ぎたい!

初心者ブロガーの皆様も同じ辛さ抱えてません?

初心者は雑記からスタートすべき、特化ブログと雑記ブログの併用スタートがおすすめなどネットには情報が溢れかえってます。説多すぎ!
僕なりに雑記ブログ&特化ブログの併用がいいと思った理由をまとめます!

その前に注意!雑記は親和性のあるジャンルに絞ること

名称未設定アートワーク雑記ブログを始める前に注意するのは、雑記といえど取り扱うジャンルは絞ること。特記ブログと同じジャンル、または、関連ジャンルにすべきです。

健康商品ブログであれば、雑記も健康にまつわることを取り扱いましょう。健康商品ブログなのにクレジットカード系の雑記に手を出すと、どっちつかずのブログになりかねないからです。

ただ、雑記なので健康商品の他にも、ヨガレッスンのレビューやマラソン大会参加記録など、健康食品に関連しそうなジャンルはアリだと思います。

きっと健康食品に興味がある方はヨガやマラソンにも少なからず興味がある可能性があるからです。

メリット1 記事数を増やしやすくなる

名称未設定アートワーク 2初心者ブロガーの最大の悩みの一つ、書くことがない!を無くせます。

僕のブログは、ガジェット&ライフのブログを目指しています。ガジェットを買い、人気スポットに訪れ、それを記事にする必要が本来はあります。

が、しかし!お金の問題もあってなかなか難しい。

今の状態であれば、特化ブログは週3ポスト程度しか更新できなさそうです。ここで雑記ブログがあるとどうでしょうか。

雑記ブログを週4ポストできれば、特化3+雑記4の週7ポスト、すなわち毎日更新も見えてきます。

僕の場合はお金の問題で記事数が多くありません(他にも理由はいっぱいあるけど!笑)

時間がなくって更新できない場合や、取り扱うジャンルにまだ詳しくない場合でも雑記であれば、さくっと書けるし、勉強の過程をまとめた記事なんかも書けると思います。

また、特記ブログの記事と組み合わせることで(まとめ記事とか)内容の濃いブログ作成にも役立ってきます。

メリット2 ブログを継続させやすくなる

名称未設定アートワーク 3

ブログを継続して続けている割合を知っていますか?3ヶ月続くブログはなんと10%!低くないですか?それだけブログを継続するのは難しいもんなんです。

特記ブログでは取扱えなかった、取り組みの過程や考えなども一つの記事として成立するので大変書きやすくなるし、書く内容も広がります。

とにかく何かしら書いて粘って継続しましょう。その先に何かあるはず…

メリット3 文章力が磨かれる

名称未設定アートワーク 5ブログは書いてなんぼのもんです。書いて書いて書きまくれば文章力は自然と身についてくるもの。

SEO的にも内容の充実した記事の作成は必要ですが、初心者ブロガーはまず書く量が優先な気がします。

書く⇨文章力が身についてくる⇨内容が充実してくる。と信じて、最初からクオリティを追いかけ過ぎずにどんどん書きましょう(僕も頑張ります)

メリット4 新たなジャンルが発掘できる

名称未設定アートワーク 4特記ブログはジャンルを絞って書いているので考えも偏ります。実際、僕はガジェットのことばかり考えています。

雑記ブログに関しては、ジャンルの裾野を広げているので書きやすいのは間違いありません。そのお陰もあって、構想段階ですが継続して書けそうなジャンルも思いつきました。

きっと雑記ブログには柔軟な発想の手助けにもなるはず!

雑記ブログの未来のカタチ

雑記ブログをのお陰もあって、ブログも軌道に乗ったと仮定します。その頃には、記事の内容も充実したものが書けるようになっているはずです。

そうなれば、がむしゃらに記事数ばかり気にする必要も無くなるので、雑記ブログに頼らなくてもやって行ける体力がついていると思います。

雑記ブログに頼らないブログを目指して、雑記ブログを頼りに頑張ります!

この記事を書いている人 - WRITER -
どうも、かげです。 28歳会社員が書く、プロダクト紹介を中心としたモノブログです。 プロダクト紹介以外にも、展示会レビューなども併せてご紹介。 ごくごく平凡なサラリーマンだからこそ身近に感じてもらえる記事を目指します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© in KAGE.(インカゲ) , 2020 All Rights Reserved.