新潟まつり花火大会の様子

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
どうも、かげです。 28歳会社員が書く、プロダクト紹介を中心としたモノブログです。 プロダクト紹介以外にも、展示会レビューなども併せてご紹介。 ごくごく平凡なサラリーマンだからこそ身近に感じてもらえる記事を目指します。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、かげです。
夏ですね。海ですね、ビアガーデンですね、花火ですね。

この夏にオススメしたい花火大会「新潟まつり花火大会」について語っていこうと思います。

新潟市で開催される、街中の花火大会です。
新潟市中央区での開催なので、アクセスが最高でした。

ミズベリングと言われる、新潟の夏を象徴するスポットで花火を鑑賞できます。

新潟といえば長岡花火が有名ですが、「新潟まつり花火大会」こちらもも活気と魅力では負けてないですよ。

ポイントは、ミズベリングと繁華街(飲み屋)まですぐの立地でしょう。

新潟まつり花火大会(2019)
花火打ち上げ日:8/11(日)
時間:19:15〜20:55
例年の人出:55万5000人
駐車場なし(市内有料駐車場あり)

魅力的な立地

新潟駅から徒歩15分、信濃川のやすやぎ堤(てい)と言われる河川敷にて開催されます。

新潟県で行われる花火大会の中でも人気の花火大会なので朝から場所取りが行われています。

ゆっくり花火を見たい方は場所取りもいいかもしれません。

場所取りをしなくても、花火を遮るものは無く、少し離れれば問題なく観覧できます。

花火後には駅前まで歩けて飲み直すこともできます。
場所取りをせずにフットワークを軽くしておくのはアリだと思います。

実際僕も花火を見た後すぐに駅前まで歩いて移動しました。

花火後も興奮そのまま飲み直せる立地が本当に最高。

DSC01559

新潟駅前近くの飲み屋街です。

新潟では古町(ふるまち)も居酒屋が多いですが、新潟駅前の方が盛り上がっていますね。
米どころなので、日本酒を色々と楽しめますよ。

日中のやすらぎ堤

スクリーンショット 2019 07 12 21 32 14
参照:http://www.hrr.mlit.go.jp/shinage/shinanogawa/sansakumap.html

日中はランニングやお散歩コースとして、川を眺めながらピクニックとして新潟で愛されています。

僕もよくランニングで利用していました。

やすらぎ堤を抜けるとすぐ海なので、川の流れも落ち着いています。
柔らかい風が吹いていてすごく心地がいいです。

全体の雰囲気も時間がゆっくり流れるような印象。

夜のやすらぎ堤

夏のやすやぎ堤は日中とは雰囲気がガラッと変わります。

「ミズベリング」と新潟では呼ばれていますね。

ミズベリング・プロジェクトとは?
「ミズベリング・プロジェクト」は、日本の水辺の新しい可能性を創造していくプロジェクト。市民や企業、行政が三位一体となって、水辺とまちが一体となった美しい景観と、新しい賑わいを生み出すムーブメントをつぎつぎと起こしていきます。
※ミズベリング=「水辺+RING(輪)」「水辺+R(リノベーション)+ING(進行形)」の造語。 ミズベリング公式HP参照

夏限定(6月〜9月)で居酒屋が立ち並び、BBQができるお店も出店しています。

居酒屋と言ったら怒られるかもしれません(笑)めちゃくちゃオシャレな飲み屋さんばかりです。

夏の間は平日、土日祝ずっと開催されているので花火大会関係なくいつも盛り上がっているイメージです。

今回は、新潟まつり花火大会のご紹介ですが、ミズベリングだけでも充分楽しめるので是非!

有料席について(2019)
(新潟市陸上競技場マップ
有料席は自由席からほど近い陸上競技場に設置されるようです。

自由席の方が花火からは近いと思います。ただ、ゆっくり鑑賞できそう。
お子様連れの方などはいいかも。

席数:2,500席(メインスタンド席)
価格:2,000円/1席(小学生以上)
販売期間:6/19(水)〜8/10(土)
問い合わせ(市役所コールセンター):025-243-4894

チケットはコンビニの店頭端末から購入可能のようです。

2018新潟まつり花火大会の雰囲気

花火大会の様子です。

どうでしょうか、この写真が新潟まつり花火大会の全てかな?と思います。
花火と川と街。明るい場所での花火も活気があっていいですね。

花火の撮影クオリティはかなり低いですがそこはご了承!笑

実際はもっとドカドカ上がってます。
こんな感じ。

参照:http://niigata-matsuri.com/photo/

河川敷の坂に腰を下ろしてビール片手に見るともう最高。
涼しい風も吹いていて心地いい。

坂になっているので、目の前に座っている人も気にならず集中できました。

スターマインも綺麗ですが、僕は信濃川にかかる昭和大橋から放たれるナイアガラ花火は壮大で好きでした!

ラストはエボリューションと呼ばれる音楽に合わせて打ち上げられる花火。

川での打ち上げなので、幅はそこまでありませんが、計一万発花火なので長時間楽しめる内容となっています。

花火が終わってからも、グダグダするのも気持ちがいいですよ。
子供たちがかけっこなんかしててすごく和みました。

飲み足りない若者たちはここから新潟駅近くに歩いて移動します。

まとめ

会社の転勤で訪れた新潟。
雨の日が多いし、信じられない雪の量。

同じ日本なのにこんなに違うのか!と驚く事も多かったですね。

それでも、新潟にまた住みたいです。
控えめに言っても夏の新潟最高!

これなんですよ、新潟の魅力は。冬じゃない!夏!夏!
夏に楽しめるイベントは本当に多いと思います。
(完全に個人的な感想です)

新潟の夏のイベントの1つ、新潟まつり花火大会。是非。

この記事を書いている人 - WRITER -
どうも、かげです。 28歳会社員が書く、プロダクト紹介を中心としたモノブログです。 プロダクト紹介以外にも、展示会レビューなども併せてご紹介。 ごくごく平凡なサラリーマンだからこそ身近に感じてもらえる記事を目指します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© in KAGE.(インカゲ) , 2020 All Rights Reserved.